女性の人生を豊かに 情報と未来を繋げるアプリ Fiika(フィーカ)

【イベントレポート】横浜市で保活中の方へ、経験者と考える保活戦略

Fiikaでは7月5日(月)に無料オンラインイベント「横浜市で保活中の方へ、経験者と考える保活戦略」を開催しました。

昨年度保活を経験した渡邊をはじめ、横浜市で保活経験のあるFiika育休中インターン・サポーター4名が参加し、実際に経験した保活のスケジュールや、保活のTipsなどを中心に経験談を紹介しました。

 

横浜市保活の具体的なスケジュールと保活のTips

前半では、横浜市の保活激戦区にて昨年度保活を経験したFiika育休中インターンの渡邊が、1歳4月入園に向けた実際の保活のスケジュールや、保育園見学の際のポイント、書類提出の流れや気を付けたことなどを紹介しました。

またその中で学んだ保活のTipsである、以下の4点

  • 【募集要項】はしっかり読み込む
  • 保育コンシェルジュは効果的に利用する
  • 申請用紙は提出前に必ず添削してもらう
  • 保活は情報戦!ママ友の輪を広げよう!

をご紹介し、それぞれの項目について具体的なエピソードなどを交えながらお話しました!

保活、これってどうすればいいの?にお答えしました!

その後は事前に参加者の皆さまから寄せられた質問に、Fiikaインターンの4名が回答しました。以下ではその一部をご紹介します!

 

ーコロナによる変化について(0歳児入園を翌年にずらした、など)

昨年度については、コロナの影響で0歳児クラスの倍率が低くなった印象。エリアによっては0歳クラスが定員割れしている園も見受けられた。その分翌年の1歳クラスは倍率が高くなり、激戦になる可能性があり、注意が必要だと感じた。

入園後の変化に関しては、園で行われる行事が少なくなったこと、懇親会等の開催方法が変更になったこと(Zoom開催など)があった。

 

ー慣らし保育の進め方について

園によって異なるが、小規模園は長め(半月くらいかかる?)の園が多い。最初は2時間程度の預かりから、徐々に時間を延ばしていく感じ。回答者は認可外から認可に転園したこともあり、認可の慣らし保育は5日ほどで終了した。子どもの慣れ具合によっても期間は異なってくるかも。

 

ー英語教育に力を入れている保育園の有無や、保育園の選び方について

見学を進める中で、英語教育や体操など、独自のカリキュラムがある私立認可保育園も多々あった。保育園見学の際にも、カリキュラム等について質問されている保護者は多くいた印象。

 

それぞれのご家庭で、保育園に何を求めるのか(近さ、先生の質、教育・遊び重視などのカリキュラムや園の雰囲気、早朝・延長保育の有無など)事前に優先付けをしたのちに見学するのがおすすめ。

 

当日は事前質問に加えてZoomのチャットで質問も多く寄せられ、改めて横浜市でこれから保活を始められる皆さまの、保活への関心の高さが覗えました。

 

質問コーナーの後は、居住エリア別に少人数でのグループトークを開催しました。どのグループでも、横浜市で保活を経験したインターン生・サポーター中心に、全体で回答できなかった質問への回答や、地域別の保活動向などを紹介し、大盛況のイベントとなりました。

 

近所のママ友と繋がって情報交換してみませんか?​

 

育児の悩みを気軽に相談できるママ友が近くにいたらいいな。。

保活・転園をしたいけど、どんな保育園や幼稚園があるんだろう。。

保活情報を交換できるママ友がほしいな。

育休が終わった後の復職やキャリアと育児の両立について話したい。

 

Fiika(フィーカ)は、そんなママのための無料アプリです。

 

妊娠中、乳児育児中には遠くへのお出かけが難しく家の周りの狭小情報がより重要になる時期ではないでしょうか。

Fiikaでは、自宅近くのママ友と気軽に繋がることができます!

 

 

他にも、自宅近くの保育園や幼稚園をマップから簡単に検索することができたり、保育園の見学ノートを残すこともできます!

 

 

他にもユーザーの皆さまからの声を聞きながら新しい機能を順次開発しています。

ぜひFiikaをダウンロードして近所のママ友と情報交換をしてみてはいかがでしょうか?

 

\無料で近所のママ友と繋がってみる/

App Storeからダウンロード