女性の人生を豊かに 情報と未来を繋げるアプリ Fiika(フィーカ)

マレーシアでの「高成功率」不妊治療をトータルサポートするサービス開始

性限定コミュニティアプリ「fiika」(フィーカ)を運営する株式会社クレヨンは、「マレーシア不妊治療ラボ」をリリース。

マレーシアでの不妊治療を希望される方へのクリニック紹介や渡航サポートを提供いたします。

【URL】https://myivf.jp/

 

海外での不妊治療という選択肢

日本で不妊治療を実施している人は近年増加傾向にあります。保険適用など支援は手厚くなっているものの、日本での体外受精(IVF)の成功率は諸外国に比べ低い状況です。

国内の高い技術や成功率を誇るクリニックはなかなか予約が取れないなど、課題が多くなっています。不妊治療は母体ができるだけ若いうちに、早く結果を出すことが重要視される状況を受けて、高成功率を誇るマレーシアでの不妊治療サポートを開始いたしました。

 

メディカルツーリズムが盛んなマレーシア

マレーシアは、2006年から15年連続日本人が長期滞在したい国ランキングで1位を誇り、住みやすい環境、安定した経済などに加え、昨今インターナショナルスクールやグローバル教育の渡航先として大変人気です。

また、メディカルツーリズムも大変盛んで、年間80万人を超える人が医療を目的に渡馬しており、日本人通訳が常駐している病院もあります。

 

体外受精の高い成功率の実績

マレーシア首都であるクアラルンプールでの不妊治療は、体外受精は日本に比べ高成功率でありながら、世界最高レベルの医療水準を誇ります。またPGT-Aを利用した検査のこうりつかる患者の意思を尊重したステップアップも実現可能となっています。

アメリカ等欧米諸国への渡航と比較すると、コストを抑えられることも魅力の一つです。南国の都市でリラックスしながら、また第一子をマルチリンガルなスクールに通わせながら育休中に不妊治療をおこなうなど多様なご要望をトータルサポートいたします。

 

初めての海外渡航でも安心のトータルサポート

(株)クレヨンでは、これまで女性向けのスマホアプリを企画運営する中で、海外の女性向けサービスや妊活、育児事情についてリサーチを行ってまいりました。昨今教育移住等でも注目されるマレーシアは日本人がロングステイしやすい渡航先として知られています。高医療水準であることや妊娠・出産後の教育を見据えて様々な機会や可能性がある場所であることからマレーシアにおける事業をスタートいたしました。
 
初めて海外渡航する方でもご安心いただけるよう、渡航前のカウンセリング、クリニックのご紹介はもちろん、通訳の手配等トータルサポートを行います。また英語を公用語としておりグローバル教育が盛んなため、治療での滞在期間中のご本人やご家族・お子さまの語学学校やサマースクールなどのご紹介も可能です。
 
詳細についてはサイトをご確認ください。
https://myivf.jp/

Fiikaアプリなら、保活情報が見つかる。ママ友も探せる。